準備する期間を持つことで自分に合った結婚指輪を落ち着いて選べます

結婚指輪調査ランキング > 結婚指輪コラム > 結婚指輪はいつ頃から準備をするべきなのか

結婚指輪はいつ頃から準備をするべきなのか

結婚指輪の準備に関しては、カップルの考え方によりその期間は異なってきます。「ギリギリになって慌てるのはイヤ」という方も居られれば、「あまり期間を置いて指のサイズが変わるのが不安」と考える方も居ます。あるアンケート(既婚女性100サンプル)では約5割のカップルが式の半年前、約3割のカップルが式の1ヶ月前、また残り1割ずつのカップルがそれぞれ式の1年以上前と、式直前に指輪の用意をしたという結果が出ています。参考にして下さい。

いつ頃から探し始めるべきなのか

結婚指輪選びはなるべく余裕を持って行うことをお勧めします。特にオーダーメイドの指輪を希望する方は、お店のスタッフとの打ち合わせも必要となりますので、結婚直前の慌ただしい時期は避けるようにしましょう。一般的にエンゲージリング選びに関してはマリッジリング選びに先立って始めるカップルが多いですが、エンゲージリングを探す際にマリッジリングの検討も始めると、スムーズに指輪選びが進みます。

いつ頃には決めるべきなのか

マリッジリングの交換は結婚式には欠かせないセレモニーです。そのため指輪は結婚式に間に合うように準備しなくてはなりません。結婚式が近づくと物理的にも気持ち的にも余裕が無くなってくるため、結婚式の3ヶ月前にはマリッジリングの用意を整えておくほうが安心です。時間に猶予があれば、デザインやサイズの調整をしたり、カップルのイニシャルや結婚式の日付などの刻印を指輪の裏側に入れてから結婚式に臨めます。

婚姻届提出と結婚式が離れている場合

カップルによっては婚姻届の提出日と結婚式を催す日が離れているケースもあります。どのタイミングで結婚指輪を用意するかはカップルの考え方次第です。結婚式に指輪を交換しても良いですし、婚姻届の提出日が実質的な夫婦のスタート記念日と考えるなら、提出日に合わせて指輪を準備しても良いでしょう。また婚姻届の提出日と結婚式で、指輪の交換をしない日のほうでは指輪以外のプレゼントを贈り合うという方法もあります。

まとめ

結婚式の2~6ヶ月前までを目安に、結婚指輪を準備するのが一般的です。
但しカップルによって指輪購入のベストタイミングは異なります。1年以上前から指輪を探し始める方も居れば、式直前で構わないという方も居ます。
早めに準備をするのか、遅めに準備をするのかカップルでさまざまですが、どちらにせよ、自分たちで決めた予定よりも、
少しだけ早めに行動するのが良いでしょう。
少しでも余裕があれば、不測の事態にも対応できます。ギリギリで焦って結婚指輪を選ぶということだけは、無いようにしましょう。
店頭に足を運ぶことも考えると、来店予約などは早めにしておきましょう。
どこのブランドから選ぶべきかも未定でしたら、まずは「銀座ダイヤモンドシライシ」や「Tiffany」などがおすすめです。
また、式場のコンシェルジュにも聞いてみましょう。どのブランドがいいか教えてくれることもあります。
是非、一度足をお運び下さい。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.