太目の指に結婚指輪を着ける際に大切なのは指輪と指のバランスです

結婚指輪調査ランキング > 結婚指輪コラム > 太目の指に似合う結婚指輪を見付けて手元をより魅力的に

太目の指に似合う幅広の指輪

結婚指輪を購入する際には、自分やパートナーの指に似合う品を選びたいものです。
太い指の方は自分の手の形にコンプレックスを持ってしまい、自分に似合う結婚指輪は無いと思ってしまいがちです。
勿論そんなことはありません。
それぞれの手の形に相応しい指輪は存在します。
同じデザインの指輪でも、太さによって受ける印象は違ってきます。
太目の指の方には、基本的に幅広のリングが似合います。
自身の指の太さと長さを理解して、指の形とバランスの取れた指輪を選ぶようにしましょう。

幅ごとに異なる指輪の印象

市販の指輪の幅は、基本的に0.5㎜を単位にしています。
結婚指輪の平均の幅は2.5~3㎜で、3.5㎜以上になると幅広の指輪と言えるでしょう。
3㎜幅の指輪は、男女どちらにも似合い、ナチュラルな印象を与えます。
太目の指に合いながらもあまり目立たない指輪をお探しの方にお勧めです。
<br>3.5㎜以上の幅になると指輪の存在感が増してきます。
3.5㎜幅の指輪はボリューム感がありながらも、落ち着いた印象を手元に与えてくれます。
4㎜幅になると指輪も重厚な感じになり、ガッシリした指の男性に似合います。
4.5㎜幅の指輪はかなりインパクトが大きいです。
男性なら男らしさを、女性なら個性を押し出す形になります。
幅広の指輪は太目の指が細く見えるため、指の太い方が好んで購入されますが、あくまで大切なのは指とリングのバランスです。
デザインやオプションとともに総合的に考えるようにしましょう。

太目で短い指に合う指輪

太目で短い指の持ち主に似合う結婚指輪のタイプを考えます。
指を細く見せたい場合は、平均からやや太目の幅でスッキリしたラインの指輪が良いでしょう。
ウェーブやV字型のようにカーブのデザインも指を細く見えさせる効果を持っています。
あまり細いタイプや、逆に極端に太くて重量感があるタイプの指輪は指とのバランスが崩れるためお勧めできません。

長くて太い指に合う指輪

手が大きくて指が太くても、指の長さが平均以上あれば、余程華奢なタイプは別として基本的にどんなデザインの指輪でも似合います。
結婚指輪には、幅はやや太目でボリューム感があるタイプがお勧めです。
ストレートラインの他に、太目のV字のデザインも指に良く合います。
細すぎる指輪は、指とのバランスがあまり良くないので、避けたほうが良いでしょう。

節が太い指に合う指輪

節が太い指の場合は、指自体が太目でもあるいは細くあっても、指の付け根でサイズが緩くなってしまうケースがあります。
幅広の結婚指輪なら抜け落ちる心配が無くなり安心です。
幅広の指輪は指にピッタリ過ぎるとキツく感じてしまうので、むしろ緩めのサイズのほうが着け心地が快調で良いかもしれません。

指輪選びで太目の指を魅力的に

指が太い方には基本的に3㎜幅以上の結婚指輪がお勧めです。
幅広の指輪は耐久性が高いですし、裏に刻印をしたり石を嵌め込むような加工がしやすくなるという利点もあります。
けれども大切なのは自分とパートナーの好みですので、指が太いからと言って、必ずしも幅広の指輪にしなければならない訳ではありません。
リングの重ねづけなど、華奢な指輪であっても太い指に似合うように工夫することは出来ます。
結婚指輪を選ぶ際は、日常で身に着けることを意識しながら、手元だけで無く全身とのバランスも考えましょう。
似合う指輪を着けることで、太目の指が魅力的に見えるようになります。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.