手入れを自宅でしようと思ったら、まず結婚指輪の素材の確認を

結婚指輪調査ランキング > 結婚指輪コラム > 手入れについて結婚指輪に付いた汚れを自宅で取り除く方法

指輪の簡単な手入れは自宅でも可能

夫婦の証である結婚指輪はいつまでも大切にして、その美しさや輝きを保ち続けたいものです。
けれども日常生活でも身に着けている結婚指輪には、気を付けていてもどうしても細かな汚れや傷が付いてしまいます。
本格的な修理や磨き直しはブランドに依頼しなければなりませんが、簡単な手入れなら自宅でも可能です。
少し手入れするだけで結婚指輪は輝きを取り戻してくれます。

最も簡単な指輪の手入れ方法

指輪の最も簡単な手入れ方法はから拭きです。
柔らかい布で優しく拭き取りを行います。
メガネ拭きを持っている方は、それを利用してください。
結婚指輪の素材にどのような金属や宝石が使われていても、から拭きは可能です。

浸け置き洗いの注意点

結婚指輪にから拭きでも取れない曇りがあったり、目に見える汚れがあるようなら、浸け置き洗いをしましょう。
まずコップなどに水か温めのお湯を入れて中性洗剤を数滴垂らします。
中性洗剤は、普段使用されている食器洗い洗剤で構いません。
浸け置いてしばらくすると汚れが段々と取れてきます。
汚れがこびり付いて取れないようなら、柔らかいブラシで優しく気になる部分を擦ってみましょう。
コップから指輪を取り出して真水で綺麗に洗い、乾いた布やタオルで水気を拭き取って終了です。裏に刻印があると、その部分に汚れが溜まりやすくなります。
汗を掻く夏場には、2週間に1回程度は浸け置き洗いをすると、指輪の美しさを保てます。無理に汚れを取ろうとして、熱湯に浸けたり、硬めのブラシで擦ったりしないでください。
漂白剤の使用は厳禁です。

浸け置き洗いが大丈夫な指輪の素材と宝石

ゴールドやシルバー、プラチナ、チタンなどの一般的な結婚指輪の素材なら浸け置き洗いをしても大丈夫です。
宝石が付いている場合は、種類に注意してください。
ダイヤモンドとルビー、サファイアは浸け置き洗いOKですが、熱や水分に弱いデリケートな宝石(エメラルド、コーラル、アンバー、パールなど)はNGです。
繊細な宝石が付いた指輪の手入れ方法は購入した店舗などに相談しましょう。

磨き直しは慎重に

自宅で出来る結婚指輪の手入れに、磨き直しがあります。
これは浸け置き洗いより難度は高いですが、汚れや曇りのみに効果がある浸け置き洗いと違って、指輪に出来た傷も修復可能です。
まず研磨剤とセーム革などのクロスを用意します。
クロスに歯磨き粉程度の少量の研磨剤を塗布し、指輪を擦りつけます。擦ることによって傷が見えなくなったら、指輪についた研磨剤を洗い流して、水気を拭き取り終了です。
磨き直しは、あくまで指輪の素材を削る手入れ方法ですので、頻繁に行わないようにしてください。宝石が指輪に付いている場合には、その宝石がダイヤモンドの場合のみ、自宅での磨き直しが出来ます。
またメッキやカラー発色、艶消し仕上げの指輪には、研磨剤を使用してはいけません。
シルバー素材の指輪に関してはシルバー専用の磨きクロスやクリーナーがありますので、手入れをする際には積極的に利用しましょう。

困ったときは専門店に相談を

結婚指輪の手入れについては購入の際に店舗で確認を取ってください。
アフターサービスとして指輪のクリーニングを引き受けてくれるブランドも多いです。
また指輪の変形や大きな傷といった自宅で直せないダメージを指輪が負っている場合には、早めに専門店に相談するようにしましょう。
指輪が指から外れなくなったり、宝石が落ちるなどトラブルのもとになる可能性があります。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.