クオリティが大事、半永久的に身につける結婚指輪はハイクオリティのものを

Wedding Ring Investigation Ranking > 結婚指輪コラム > 結婚指輪のクオリティについて

結婚指輪のクオリティについて

ダイヤモンドのクオリティは評価基準の4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)によって決まります。日常的に、そして長い間身につける結婚指輪だからこそクオリティの高いものを選びたいものです。結婚指輪で人気の高いブランドのうち、クオリティが高いブランドと言われているのはラザールダイヤモンドやカルティエ、そしてアイプリモなどです。

クオリティの高い結婚指輪とは

現在では結婚指輪にダイヤモンドを使用するのも珍しいことではありません。ダイヤモンドのクオリティは重さの単位Carat、色の基準のColor、透明度の基準のClarity、そして輝きを決めるCutの4Cで決まります。カラーは無色のものから薄い黄色のものまであり、クラリティはダイヤモンドの傷や内包物を基準とした透明度で、傷の少ないものほど高品質です。

ダイヤモンドは本物かどうか

本物のダイヤモンドを手に入れるためには、それが本物かどうかを見極める必要があります。模造ダイヤモンドも見た目は本物と似ており一見しただけではわかりにくくなっていますが、CZという模造ダイヤモンドとダイヤモンドには簡単な見分け方があります。息を吹きかけた際、表面の曇りがすぐに消えないものはCZの可能性が高いと言えます。

結婚指輪にふさわしいクラスのダイヤモンドか

ダイヤモンドの評価基準である4Cのバランスがとれている程、評価が高くなります。蛍光灯の光の下で見るのではなく、素のダイヤモンドの輝きには本物の価値があり、ダイヤモンドは輝きが強いことでグレードは高くなります。半永久的に身につける結婚指輪だからこそ、素材にもデザインにもこだわったハイクオリティの指輪を選びたいものです。

カラットについて

カラットはダイヤモンドの重さの単位であり、1カラットは0.2グラムで重量が重いほど高額になります。同じカラット数のダイヤモンドでも、カラーやカット、クラリティが異なるとその価値は変わります。またダイヤモンドは0,01グラムの違いで見栄えが変わってくるため、ダイヤモンドの輝きをより重視する際には大粒で優れたカットのものがお勧めです。

クラリティについて

クラリティはダイヤモンドの透明度を表しており、ダイヤモンドの内包物や傷などを基準にして測ります。傷が少なく品質が高いのはFL(フローレンス)、グレードが一番低いのはインパーフェクトとなっており、インパーフェクトは内包物や傷を肉眼で確認できるほど品質が低く耐久性も低いため、グレードがVS2以上のダイヤモンドがお勧めです。

カラーについて

ダイヤモンドの評価基準の一つであるカラーには23段階のグレードがあり、その違いは微妙なため、専門家でも判断が難しいと言われています。品質は無色透明のものが最も良く、黄色がかった色味は品質や価値が低くなります。カラーのグレードでは「H」を境に徐々に黄色みを帯びていくため、結婚指輪や婚約指輪の場合はグレード「G」以上を選ぶのがお勧めです。

カットについて

ダイヤモンドのカットはその輝きを決めるために重要な要素であり5段階に分かれて います。その中で最もクオリティが高いのは「Excellent」であり、美しい輝きを持っています。反対に最もクオリティが低いのは「Poor」であり輝きは良くありません。ダイヤモンドのカットは他の3要素と異なり、その良し悪しは職人の技により決まります。

まとめ

結婚指輪のクオリティには、私個人の意見として、「素材」「着け心地」「細工・デザイン」「メンテナンス」「想い」の5つの要素があると思っています。
結婚指輪の「素材」「メンテナンス」は他の項目でもまとめています。

「着け心地」に関しては「内甲丸」という手法があります。結婚指輪を着けたときに、指になじむか指通りがいいかの一つの基準になります。一生身に着けるものとして着け心地が悪い結婚指輪を選ばないことが大事になります。

「細工・デザイン」に関しては、360度どこから見てもきれいなデザインかということです。結婚指輪選びでは上から見てしまうことが多いのですが、重要なのは横から見たときの見た目(デザイン)です。普段はパソコンをしたり、吊革につかまったりと、ふとした時に指輪を見るのは横からなのです。横からのデザインが綺麗なのか、納得できるものなのか重要です。また細工の1つの手法である「ミル打ち」を選ぶ場合、ミルの一つ一つの大きさが均一だったり、流れるようなデザインになっているのか確認することが大切です。

「想い」に関してはコンシェルジュと良く話してみることが大切です。どんな想いでそのリングを勧めてくれたのか、あなたと相手が結婚指輪を通じて一つになれそうなのか、納得できるかが大切になります。

結婚指輪のクオリティの5つの要素として高いと考えるブランドは、海外ブランドだと「EXELCO DIAMOND」や日本ブランドだと「銀座ダイヤモンドシライシ」といえると思います。特にミル打ちに関しては「EXELCO DIAMOND」で見ることをオススメします。
店頭に足を運べば、5つの要素から質の高い結婚指輪を見せてもらうことができます。
詳しい説明も聞けるはずなので、そうした情報を得た上で、お選びになることがおすすめです。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.