プラチナ製の結婚指輪は日本人に人気の素材で資産価値もある説明

Wedding Ring Investigation Ranking > 結婚指輪コラム > プラチナの結婚指輪の魅力

プラチナの結婚指輪の魅力

プラチナ製の結婚指輪の魅力は、プラチナの素材が持っている特徴として、可塑性や展延性に優れていて膨張率が小さい、熱に強いといった性質があります。純粋なプラチナは柔らかいのですが、銅やパラジウムといった他の金属がわずかに含んだ合金では非常に強くなることから、結婚指輪などの宝飾品として利用されています。プラチナは、金よりも採掘量が少なく、価格変動が大きくなりますが、宝飾品だけでなく、投資対象としても魅力的な金属です。

プラチナの結婚指輪の魅力・メリット

プラチナ製の結婚指輪にするメリットとしては、素材の特徴により酸やアルカリに強いので変色しにくい、金属アレルギーが起きにくい、といった毎日身に付けても変わりなく使えて実用的であることと、採掘量が限られた希少金属なので、金よりも高価であり、資産としての価値が高いということがあります。

プラチナが人気の理由

他の諸外国では、結婚指輪にプラチナ製はそれほど使われていなく、シルバーやゴールドが多いのですが、日本では圧倒的にプラチナ製に人気があります。というのも、日本人は、古来より白色の服や真珠などの白色を好む傾向があり、結婚という清楚なイメージを連想するプラチナの白色が好まれてきたと言われています。

プラチナの結婚指輪の価格相場

プラチナは純度によって異なり、Pt1000(純度100%)、Pt950(純度95%)、Pt900(純度90%)、Pt850(純度85%)と4種類がありますが、結婚指輪などの宝飾品としてはPt950やPt900が多く使用されています。プラチナ製の結婚指輪の価格相場としては、15~20万円程度となっています。

まとめ

プラチナ製の結婚指輪は、プラチナの素材が持っている特徴に加えて、白色が結婚という清楚なイメージに日本人にマッチしているので非常に人気があります。
また金より希少のために投資や資産としての価値があります。しかし、一般的に純度が高すぎるプラチナは柔らかいため傷がつきやすく、変形しやすくなります。そのため、少量違う成分を合わせて硬度を増していることが多いです。通常だとPT950という5%は違う成分が入っているプラチナで結婚指輪を作ることが多くなっています。
プラチナの結婚指輪を購入したいとお考えでしたら、ネットだけの情報で判断することがないようにしてください。
来店の予約を頂き、直接実物をみて決めるのが良いでしょう。
プラチナの結婚指輪を取り扱うブランドのおすすめは「GINZA TANAKA」や「4℃」や「銀座ダイヤモンドシライシ」です。
是非、足をお運び頂くことをおすすめします。

「GINZA TANAKA」は「SSP(スーパーストロングプラチナ)」や「RPP(ロイヤルピュアプラチナ)」というプラチナでPT950とPT999の硬度を考えたプラチナと純度が高いプラチナで結婚指輪を作っています。
「4℃」は「ピュアプラチナ」というPT999だけど、硬度を高めているプラチナで結婚指輪を作っています。
「銀座ダイヤモンドシライシ」は「ハードプラチナ」というPT950のプラチナや「鍛造製法」という作り方を変えて作ったプラチナで結婚指輪を作っています。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.