相場は年収による相違はあまりみられないという結婚指輪の価格の解説

結婚指輪調査ランキング > 結婚指輪コラム > 結婚指輪の価格相場

結婚指輪の価格相場

結婚指輪は、素材によって価格相場が異なってきます。数千円程度から手に入るのですが、きれいな輝きで人気はあるのですがお手入れが必要なシルバー製や錆が発生しにくく強度のあるステンレス製などがあります。ゴールド製は、18金の純度のものが多く1万円程度からの価格相場になります。プラチナ製になると、純度900、950となるにつれて価格が上がり4万円程度から入手可能です。ダイヤモンドをちりばめたエタニティは、ダイヤモンドのつぶの大きさや質によって変わりますが、10万円程度からの価格相場となります。

結婚指輪の一般的な価格

結婚指輪の一般的な相場価格を見ますと、1本で10~20万円が購入者の大体半数を占めています。従って、夫婦二人で20~40万円が相場となっています。調査した大手結婚関連サイトでの一般的な価格相場を見ますと、A社では二人で21万円、B社では二人で20万円、程度となっており、結婚指輪は普段からはめているケースが多いため、高くて20万円程度が一般的な購入価格と思われます。

年代別の購入相場

結婚指輪は、年代別に購入相場が異なってくるのでしょうか。従来であれば、一般的には年齢が上がることによって年収が上がり、結婚指輪も高いものを購入するという傾向が見られたのですが、最近の傾向としては、給与の形態が年功序列型から成果型に変わり、また正社員と派遣社員との給与の格差により、年収の10%未満での購入相場になっているようで、年収300万円以下で15~20万円程度、年収500万円以上で20~25万円程度となっています。

相場はあくまでも目安にしましょう

結婚指輪の価格相場は、二人で20~40万円程度と言われていますが、それぞれの夫婦の考え方によっては選ぶ結婚指輪も変わってきますので、一概に言えません。結婚指輪は婚約指輪と異なり、夫婦それぞれが毎日身に付けるものとなっていますが、記念のために購入したので飾っておく、年収がこれだけなのでそれに見合う結婚指輪を購入した、普段身に付けるので傷がついても良い比較的安い金額のものにすると様々な考え方があるからです。

まとめ

結婚指輪の価格の違いは、使われている素材、素材の使われている量、結婚指輪に加工する手間によって価格が変わってきます。あとはブランド料金をどれくらい乗っけているかということになります。だから結婚指輪の価格相場というのは購入しようとしているブランドによっても変わってきます。
私個人の意見として、気を付けないといけないと考えていることは、似たデザインの結婚指輪をいくつかのブランドで迷っている場合は、
1.価格があまりにも安い場合、結婚指輪の素材の量が少なくないか。(=指輪が細すぎないか)
2.使われている素材がプラチナの場合、ハードプラチナや鍛造製法で作られている結婚指輪か
3.保証がどれくらいちゃんとついているか
を確認することが必要です。
一生身に着ける結婚指輪です。指の太さは出産したら変わったり、年数が経過することで指輪の傷が目立ってきたり、変形してきたりするものなので、保証に回数制限があったり、年数制限があったりすると、のちのち金額を支払わないとメンテナンスができなくなってしまいます。メンテナンスができなくなることで着けなくなったりするという、残念な結果になるので、そういうことがないように、素材や結婚指輪の強度、保証の内容をちゃんと確認して、納得した結婚指輪を購入することがおすすめです。
何組もの結婚式をしてきたカップルでも、気を付けることを無視して可愛いからとかのその場の気持ちだけで購入したカップルが、何年後かに会ったときに結婚指輪をしていないということもありましたので。

価格の相場も重要ですが、価格の成り立ちがわかったうえで、幅広い価格帯の結婚指輪が揃っている「銀座ダイヤモンドシライシ」や「Tiffany」へ来店してみるのがお勧めです。非常に高額なものから、比較的安いものまで、実際に相場を知ることが出来るでしょう。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.