Harry Winstonは結婚指輪がセレブリティに人気なジュエリーブランド

結婚指輪調査ランキング > 結婚指輪コラム > Harry Winstonは世界的な結婚指輪ブランド

Harry Winstonの始まり

Harry Winstonは1932年にニューヨークで創業した、華々しい歴史を持ったジュエリーブランドです。
宝石学者でありビジネスマン、そして慈善家でもあったハリー・ウィストンは、最高級のジュエリーの製作や高級複雑時計の製造に力を注いできました。
創始者ハリー・ウィストンの「ジュエリーのデザインは宝石そのものによって決まる」という信念に基づき、革新的なデザインのジュエリーを考案してきました。
そして今日ではロンドン、パリ、東京など世界各国でビジネスを展開しています。

芸能人も購入する結婚指輪

Harry Winstonは「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるジュエラーであり、芸能人が購入する結婚指輪としても注目を浴びています。
Harry Winstonは世界最大級とも言われる青いダイヤ「ホープ」など、様々な希少ダイヤモンドを手に入れ、寄贈しています。
結婚指輪の特徴としては、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すデザインであることが挙げられます。

ダイヤモンドへのこだわり

創始者のハリー・ウィストンは「ダイヤモンドには一つとして同じものはない」と語ります。
そしてその石一つ一つの個性を見いだし、個性や輝きに相応しいデザインを施しました。
ダイヤモンドの選定は4C以外にも独自の基準を設け、世界最高峰ジュエラーの厳しい視点によるチェックを徹底するといった彼のダイヤモンド至上主義は、今日にも受け継がれています。

美しいフォルム

Harry Winstonの結婚指輪にあしらわれるダイヤモンドがハイクオリティなのは言うまでもありませんが、多くの女性が憧れる理由の一つには、その美しいフォルムがあります。
丸みを帯びた「ラウンド・マリッジリング」は優しいフォルムで、落ち着いた雰囲気を醸し出し、男性の手や指にも馴染みやすいものとなっています。
結婚指輪選びの際の選択肢として、Harry Winstonも加えてみてはいかがでしょうか。

ウィンストニアン・スタイル

ティファニーとともにアメリカを代表するジュエラーであるHarry Winston。
その創始者のハリー・ウィストンは、弱冠12歳の頃から宝石に対する審美眼を持っていたと言われています。そして常に独自の道を歩み続けてきました。
その結果として革新的な発明とも言えるセッティング法「ウィンストニアン・スタイル」が生まれました。
最小限の留め具を用いてプラチナの細いワイヤーで宝石をつなぎ合わせたデザインの結婚指輪は、立体的な輝きを放ちます。

シンプルなデザインも人気

丸みを帯びたアームの中央に一粒のラウンド・ダイヤモンドをあしらったシンプルなデザインはHarry Winstonの結婚指輪の中でも人気が高く、フォーマルな場面にも普段使いにもマッチします。
またスクエアのフォルムの結婚指輪は男性にもお勧めで、プリンセスカット・ダイヤモンドはあらゆる角度から見ても華やかに輝きます。
またマット(つや消しの処理をしてあること)な仕上がりは男性にも人気であり、男女ペアで身につける人も少なくありません。

まとめ

ハリー・ウィストンの成し遂げた偉業により、世界でも名高いジュエリーブランドとして確立した「Harry Winston」。
世界の富豪から勝ち取った信頼は、昔と変わらずにHarry Winstonの中で息づいています。
結婚指輪の洗練されたデザインとその輝き、そして充実したサービスは、世界中のセレブリティに選ばれる所以でもあります。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.