失敗しないために結婚指輪を購入した経験者のアドバイスを聞きましょう

Wedding Ring Investigation Ranking > 結婚指輪コラム > 結婚指輪購入で失敗しない為に

結婚指輪購入で失敗しない為に

結婚指輪は人生を通して最もロマンチックで大切な買い物の1つと言えます。店員に勧められるまま購入するのでは無く、良く吟味して自分もパートナーも満足できる指輪を見付けるようにしましょう。購入の際の選択ポイントには素材や色、宝石の有無、デザインなどがありますが、指輪選びに失敗しないためには、事前のリサーチが欠かせません。購入後に後悔しないためにも、経験者の失敗に基づくアドバイスには耳を傾けるようにしましょう。

結婚指輪購入の失敗事例1

夫婦お揃いのデザインで結婚指輪を購入するカップルは多い(ある調査では約7割のカップルがペアリングを希望)ですが、妻に合わせると夫にとってお洒落すぎとなり、夫に合わせると妻にとってシンプル過ぎて、夫婦どちらかが不満を覚えてしまうケースもあります。折角のマリッジリングなのに、パートナーが着けないようになったら自分1人着けていても嬉しさ半減です。夫婦の指輪に対する好みが異なる場合には、違うデザインの指輪を購入することも考えてみましょう。

結婚指輪購入の失敗事例2

マリッジリングの購入に関して良く聞く経験者の後悔は、サイズの不具合です。購入した時にはピッタリでも後で指がむくんで入らなくなったり、「サイズが大きい方が安心」と考えて大きめのサイズの指輪を購入したところ、大きすぎて頻繁に指から抜け落ちてしまうといったケースがあるのです。また年齢を重ねると指が太くなっていくのが普通です。将来のことも考えて、サイズ直しなどアフターサービスをシッカリしてくれるお店を選ぶようにしましょう。

結婚指輪購入の失敗事例3

マリッジリング選びにおける失敗談として、購入の際には指輪のデザインを気に入っていたものの、その後の暮らしの中で不満を覚えるようになったという事例が見受けられます。結婚指輪は婚約指輪と違って、日常生活で使用しても支障が無いデザインであることが大切です。着脱が面倒になり、結局普段は着けることが無くなったというケースもあります。家事や子育ての邪魔にならないデザインであることが、長く使用できる秘訣です。

まとめ

結婚指輪は、一生使い続けることを前提に購入する品です。その場の感情に流されての買い物は失敗の元です。重要なのは
1.5年後、10年後を想像して飽きがこないデザインか
2.アフターメンテナンス(保障)が十分か
3.2人の想いが込められている結婚指輪か
ということです。
日常生活での使い心地や指へのフィット感を考慮しつつ、年齢を重ねた将来の自分も満足できる指輪を選ぶようにしましょう。
結婚指輪を選ぶ際には、夫婦でよく相談しあうことが重要です。
一時の見た目の可愛さとか、価格が安いからという観点だけで結婚指輪を購入すると、一生着けなくなることで、夫婦の絆が浅くなってしまったり、購入当時の想いを忘れてしまって残念なことになりかねません。

ブライダルジュエリー専門店では年間に何万人ものお客様と接して、相談を受け、お客様に合った結婚指輪を探してくれます。私も驚いたのですが、結婚指輪を選ぶだけでも本当に悩んでいるお客様には4時間、5時間とお付き合いして、話し合う場合もあるそうです。
もし、お互いにわからなかったり、知識が全くない場合は、店頭でコンシェルジュに相談してみるのが良いでしょう。
多くのお客さまの相談に乗ってきたスタッフがいますので、相談してみることで、お互いに納得のいくものが見つかる可能性もあります。
コンシェルジュに相談を前提とするならば、日本ブランドなら「銀座ダイヤモンドシライシ」や「I-PRIMO」、海外ブランドなら「EXELCO DIAMOND」がおすすめです。
丁寧な接客で、お客様のご相談に乗ってくれるでしょう。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.