結婚指輪と婚約指輪それぞれの特徴と由来を紹介いたします

Wedding Ring Investigation Ranking > 結婚指輪コラム > 結婚指輪と婚約指輪それぞれの特徴と由来について紹介

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪、最近では別にするという方は年々減ってきているとのこと。
でも、一生に一度しかないプロポーズ、思い出を形に残したいというのは女性は少なくないはず、ですよね。
そんな婚約指輪、実際は結婚指輪とどういう風に違うのでしょう?
いつから始まった?ちょっとしたトリビアに、結婚指輪と婚約指輪の歴史を紐解き、指輪の選び方の参考にしてみましょう。

婚約指輪とは

プロポーズの際に婚約指輪を渡す風習が定着化しておりますが、最近はこうした指輪を不要と感じている女性が増えてきています。
理由としてはそのお金を別なことに使って欲しいと考えている女性が多くなってきている点です。
結婚式は家族や親戚、友人、職場の人たちへの挨拶の意味も込めて開催することが多いですが、婚約指輪は当事者二人だけのものとなりますので、既に付き合っている場合はこうした物で結婚の証明をしなくても良いと女性の多くが思っているそうです。
ただしプロポーズだけはしっかりとして欲しいと思っている女性は大半を占めております。
また婚約指輪を買う場合でも8割以上のカップルが二人で選びます。
男性一人では彼女の指に適したサイズを選べないことが多く、また彼女がそのデザインを気に入るとは限りません。
サプライズ感は薄らいでも、きちんと指に嵌められる指輪を女性はいつの時代も求めているのです。

結婚指輪とは

結婚指輪は結婚の証です。
日常においてもそれを付けることで未婚者が不用意にアプローチしてくることを防ぐ効果があり、既婚者を示す外的な装飾としての意味合いが強いと言えるでしょう。
そしてそれが指輪である理由は「円」から来ております。円は終わりがないものであり「永遠」を意味し、末永く幸せを育んで欲しいという想いが込められているのが特徴です。
婚約指輪は結婚する意志の確認、結婚指輪は幸せになる覚悟を持ち続けるためのものと言えるでしょう。

婚約指輪の由来

婚約の際に男性が女性に指輪を贈る風習は紀元前1世紀のローマ時代が発祥と言われております。
ただし現在と差異は多くあり、この時の指輪は純潔の証を守るという意味合いがあり、結婚指輪のように日常的に付ける物で御座いました。
また素材は鉄というシンプルなものであり、指輪にダイヤモンドを装飾するようになったのは15世紀頃。
後に神聖ローマ皇帝になるマキシミリアン大帝がプロポーズの際に贈ったのが、ダイヤモンドの指輪を贈る起源となります。ダイヤモンドは鉱物の中で最も硬く「永遠の絆」を意味することから、マキシミリアン大帝はダイヤモンドを選んだのかもしれません。

結婚指輪の由来

プロポーズの際に指輪を贈る風習は紀元前1世紀からありましたが、結婚式で指輪を交換する(付ける)最古の記録は1027年と言われております。
その際の指輪は「男性が女性に金の指輪を、女性は男性に銀の指輪をはめる」と言うものでした。
そしてこうした指輪の交換が一般化したのは13世紀頃でございます。

日本で定着した時期

日本にはこういった文化はありませんでした。今でも厳格な和式の結婚式だと指輪交換のイベントを実施しないこともあるでしょう。
日本に結婚指輪の文化が普及し始めたのは明治の頃で、大正時代には結婚式で指輪の交換は定着したと言われております。
一方婚約指輪は昭和30年代半ばと言われており、こちらはダイヤモンドの輸入制限が無くなったことと、ダイヤモンドを提供する会社のキャンペーンによって広まりました。
ただし最近ではダイヤモンドだけでなく、あらゆる種類の婚約指輪でプロポーズするようになりました。誕生石を使ったものや、変わったデザインを選ぶことも珍しくないでしょう。
告白ではなく、既に付き合っているカップルが記念として買うケースもあります。

レンタルも可能

実は結婚式場では結婚指輪のレンタルも可能。
結婚式の費用を抑えるためにそうしたプランを選ぶ方がいるほか、結婚式という大事な日に指輪を忘れてしまう方が居るそうです。
前者はともかく、一生に一度の結婚式でこうしたウッカリをしないように結婚指輪は分かりやすいところに大事にしまっておきましょう。

指輪にはそれぞれ意味がある

婚約するため、結婚するため、それぞれの指輪には意味がございます。
そしてどちらの指輪もまた付けられないと意味がありません。
特にアレルギーに関してはかなり気を付けたいところです。
当サイトでは金属アレルギーの方でも安心してお選びいただける指輪のブランドをランキング形式でご紹介しております。
是非満足できる指輪探しの参考にしてみてください。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.