予算を低く見積もっても魅力的な結婚指輪は見付けられます

結婚指輪調査ランキング > 結婚指輪コラム > 結婚指輪を購入に必要な予算について

結婚指輪を購入に必要な予算について

結婚指輪の予算に関しては、婚約指輪よりも価格を抑えるのが普通です。マリッジリングはエンゲージリングと違って日常性が重視されるため、豪華な宝飾よりもシンプルで飽きないデザインが好まれるのです。またマリッジリングは男性が女性の分もまとめて購入するケースもあれば、カップル2人でお金を出しあったりカップルそれぞれが相手の分を購入しあって交換するなど、購入方法もカップルによって異なります。

平均的な予算金額はどれ位なのか

首都圏で行われたアンケートによると、2016年の結婚指輪に掛ける平均予算はカップル2人分で25.8万円です。同調査では婚約指輪に掛ける費用が平均39.4万円ですので、それよりは低価格です。世代別の平均相場では24歳以下が23.9万円、25~29歳が25万円、30~34歳が27.2万円そして35歳以上が29.4万円になっていますが、実際のところは大凡20万円前後の価格で購入しているカップルが多いです。

最低限必要な予算はどれ位なのか

20~30代の男性で結婚指輪を購入した人のうち、平均予算が10~20万円未満の方は約41パーセントとなっており、10万円未満の方も約17パーセントとなっています。同じ調査で20~30代の女性に聞いたケースでは、10~20万円未満の方が約44パーセント、10万円未満の方が約26パーセントとの結果が出ています。カップル2人で20万円前後の購入価格を組んでいる方が多いですが、10万円台でも充分に魅力的なマリッジリングを入手することは可能です。

予算を決める際のポイント

マリッジリングの価格は指輪のブランドや素材、宝石の有無などによって変わってきますが、結婚する2人にとって納得できる範囲内で予算を組むことが大切です。自分たちにとって特別な指輪となるのなら、無理に背伸びをする必要はありません。価格にとらわれずにデザインや日常生活での使い勝手の良さなど、2人で良く相談して、最適の指輪を見付けましょう。

まとめ

日常生活で使用される結婚指輪は、男性から女性への贈り物としての意味合いが強い婚約指輪よりも価格が低めに設定されているケースが多いです。
一方で近年ではエンゲージリングは購入せずに、その分マリッジリングに費用を掛けるカップルも増えています。
ネットのデータを参考にするのも良いですが、実際に店頭でデザインと価格を見て、一番良いと思われるものを探してみることで、自分たちが満足して、結婚指輪を購入することに繋がるでしょう。
店頭に足を運んだ経験がないようでしたら、まずは「銀座ダイヤモンドシライシ」や「Tiffany」に行ってみることをおすすめします。
種類も豊富で、かつ、接客も丁寧ですので、安心して足を運ぶことが出来ます。

国内おすすめNo.1ブランドをご紹介
海外おすすめNo.1ブランドをご紹介
© Copyright 2017 結婚指輪調査ランキング All Rights Reserved.